拝館者の声 voice


2017/09/01 拝観者の声(平成29年)

遊就館出口に置かれた自由記述ノートには、多くの拝観者から率直なご意見・ご感想が記されています。
ここでは、その一部をご紹介いたします。
----------------------------------------------------------------------------

【1月】

長く居るとつらくなりますが、又、来てしまいます。息子達と同年代の方々…。国を思う気持ち。
そのおかげでこうして、まだ日本は幸福に存在していますが。先人の方達の偉大な功績、沢山沢山残して下さったのに。
その貯金が、今の日本は残り少なそうです。でも頑張ります。どうぞ一緒に頑張ってください。

《 無記名 》
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  

本当に感動しました。何故もっと早く来なかったのだろう。多くの人に来る様すすめたいと思います。この様な施設があることを誇りに思いました。
  
《 宮城県 二十八歳 女性 》
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【2月】

英霊の皆様が尊い御命を捧げてくださったおかげである今の日本は、皆様の御前に恥じない国になれているでしょうか?
教育者として、これからの日本を担う若い世代に、日本人としての真の心、尊さ、過去を正しく伝え、
平和な世界を築く人材を育てます。ありがとうございます。

《 兵庫県 男性 》
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

母として嫁として娘として泣けました。全ての方に頭を下げたい思いです。
日本人として、誇りに思えます。有難う御座いました。

《 岡山県 五十歳 女性 》
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【3月】

遊就館、初めての来館です。今日は、娘の武道館での入学式の為に東京に来ました。
入学式場には父兄は入れないので、ぜひ、靖國神社に参拝したく参りました。
遺書、遺言を拝見し、涙が止まらず途中から全て読めなくなりました。
親子、家族の事を改めて考え直させられました。
次回は、娘と一緒に、タオルを用意して、号泣でも耐えられる準備をして、
再び来館させて頂きます。
ずっとずっとこれからも先も、伝えていかなくてはならないことが、ここには詰まっています。
娘だけではなく、友人とも必ず来ます。ありがとうございました。

《 無記名 》
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

初めて自分の国の歴史、戦争についてこんなに深く考える事が出来ました。
自分の祖母は生前、よく戦時中の事を話していました。私は「また始まった…」と話を聞き流していましたが、
今日ここに来てそれを後悔しました。戦争を経験した祖母の貴重な話をもっと聞いて、学び、
感じる事が出来なかった自分は愚かだったと思います。これからはもっと自分の国に関心を持って生きたいと思います。
ありがとうございました。

《 無記名 》
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ページのトップに戻る